past present future


by saiaala
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ベネズエラ・ボリバル共和国 チャベス大統領の死去に際し弔電を送る

 南米ベネズエラ・ボリバル共和国のウゴ・チャベス大統領が3月5日死去しました。
弔電を駐日ベネズエラ大使館に送り、
弔意を伝えました。


弔電

 ウゴ・チャベス大統領の死去の報を驚きをもって、また悲しみをもって受け取りました。ご遺族と国民の皆様に心から哀悼の意を表します。
 私たち埼玉アジア・アフリカ・ラテンアメリカ連帯委員会は、チャベス氏の、1998年の大統領選挙での当選以来、平和的なやり方で変革の道を進めてきたことに共感し、注目してきました。中南米の各国で進む変革の事業は大きく広がってきており、私たちの連帯運動の発展に大きな激励となっています。
  重ねて哀悼の意を表明しつつ、今後の大統領選挙では、ベネズエラで「国民が主人公」の進歩と革新の国づくりが一層前進することを願っています。

                                             2013年3月8日
                         埼玉アジア・アフリカ・ラテンアメリカ連帯委員会

 埼玉AALAとベネズエラとの関わりは、ベネズエラの訪日代表団を迎え歓迎集会を開催したことに始まります。
 埼玉AALAは、2006年4月4日にベネズエラからの訪日代表団をむかえ歓迎集会を開きました。この連帯行事は、日本AALAの取り組みの一環として行われました。1999年2月のチャベス大統領就任以来、ブッシュ政権と提携した財界・軍部のクーデターなどを打ち破り、憲法に基づいた「国民が主人公の参加型民主主義」の革命、民族主権擁護のたたかいがすすむベネズエラ。このベネズエラの代表団を迎えての歓迎連帯行事は、憲法9条を守るたたかい、日米安保条約廃棄・在日米軍基地撤去をめざす運動、無差別な民営化とのたたかいなど、対米従属化の日本にも社会変革をめざす草の根の活動があり、ベネズエラの革命に熱い視線を送っていることを紹介し、ベネズエラと日本、それぞれのたたかいを交流しあい、連帯しあう機会になりました。 代表団2人をむかえての歓迎連帯集会は、30日間にわたり、のべ38都道府県18ヶ所、5500人の参加でおこなわれました 。
 今後とも自主的な国づくりの前進を願っています。
[PR]
by saiaala | 2013-03-08 23:55 | 声明