past present future


by saiaala
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

安倍首相の集団的自衛権容認発言を糾弾する

日本AALAは、安倍首相の国会における集団的自衛権容認の発言に対し、声明を出しました。

立憲主義を否定し、海外で戦争をする国づくりに突き進む安倍首相
の解釈改憲による集団的自衛権容認発言を断固糾弾する声明


 安倍首相は、2月12日の衆議院予算委員会で、解釈改憲によって集団的自衛権の行使を容認する考えを公然と示しました。その手続きについても、「最高責任者は私だ。政府の答弁に私が責任をもって、その上で選挙で審判を受ける」と述べ、首相が自由に憲法解釈を変更できるとの見解も述べました。
 集団的自衛権の行使を認めることは、憲法9条を踏みにじるものであり、集団的自衛権は、憲法9条のもとでは認められないのが、日本国民及び日本政府の戦後一貫した姿勢でした。また、「首相の責任云々」は、“選挙に勝てば、首相が自由に憲法解釈を変更できる”というものであり、最高法規としての憲法のあり方を否定し、憲法を普通の法律と同じようにとらえた立憲主義の否定そのものであり、三権分立を崩す妄言そのものです。
 これらの発言は、安倍首相の改憲による「自衛隊が海外で戦争をする国に日本を変える」との策動が国民の反対で思うようにならない中で出された新たな策動であり、国会議員の数にものをいわせようという姑息で倣慢な暴走です。
 日本AAuは、これら憲法と平和を破壊する策動や暴走に断固とし反対し、国民多数の世論によって包囲し粉砕するために奮闘します。

 2014年2月21日
         日本アジア・アフリカ・ラテンアメリカ連帯委員会


[PR]
by saiaala | 2014-02-22 17:47 | 声明