past present future


by saiaala
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:未分類( 84 )

2016埼玉AALA新春講演会

埼玉AALA新春講演会へお越し下さい
b0141610_15154449.jpg

[PR]
by saiaala | 2015-12-10 15:17
10月10日(土) さいたま市民会館うらわへお越し下さい!

b0141610_1530087.jpg
b0141610_15301347.jpg

[PR]
by saiaala | 2015-10-04 15:30
村山談話を投げ捨て「戦争する国づくり」宣言ともいえる「安倍談話」反対、
いまこそ「戦争立法」を許さず、「平和・協力・繁栄の東アジア共同体」目指す運動を進
よう

  8月14日 政府は戦後70年にあたっての安倍首相談話を閣議決定しました。
談話では、「侵略」、「植民地支配」の言葉を使っているものの、その主語がなく、「植民地支配から永遠に訣別し、すべての民族の自決の権利が尊重される世界にしなければならない」と一般論化しています。また、「反省」と「お詫び」についても、歴代の内閣などが表明してきたと過去の経緯の説明にとどめ、安倍内閣の自らの言葉としては語っていません。まさに欺瞞にみちた談話です。
 同時に、武力と弾圧で韓国植民地化を進めた日露戦争を「アジアやアフリカの人々を勇気づけた」と美化し、日本が侵略戦争に向かった理由を欧米諸国の「経済のブロック化」で日本経済が打撃をうけ、行き詰まりを力の行使で解決しようとした(要旨)と、責任を欧米諸国におしつけていることです。これはまさに、侵略戦争肯定の論理であり、日独伊3国による戦争は侵略戦争という戦後の世界秩序の原点の否定にほかなりません。
更に、肝心の侵略戦争を推し進めた満州事変から敗戦までの15年戦争の部分は、「新しい国際秩序」への「挑戦者」となったと抽象的な言葉とわずか100字にみたない叙述で、日本が侵略戦争を進めた歴史的事実から目をそらしています。
また看過できないことは、自由、民主主義、人権といった「価値を共有する国々と『積極的平和主義』の旗を高く掲げ、世界の平和と繁栄にこれまで以上に貢献してまいります」と言って、「価値観」外交を強調しています。また、安倍首相のいう「積極的平和主義」とは、アメリカの戦争に自衛隊を派遣し、米軍の戦争に加担するものです。まさに、「戦争法案」強行宣言です。
バンドン10原則の精神に則り、非核・非同盟、平和の世界をめざして運動を進めてきた日本AALAは、この安倍談話を容認することはできません。私たちは戦後70年にあたり、日本軍国主義が引き起こした侵略戦争と植民地支配の犠牲になった国内外の人々に心からの哀悼の意を表し、日本政府が深甚なる反省とお詫びを明らかにし、それらを誠実に行動で示すことを要求します。
日本AALAは、日本国憲法を守り生かし、非同盟諸国と世界の人々と手をつなぎ、平和な世界の実現のために奮闘すると共に、安倍内閣がもくろむ「戦争法案」阻止と、それへの対案としての「平和・協力・繁栄の東アジア共同体」実現を目指し奮闘します。

2015年8月15日
                  日本アジア・アフリカ・ラテンアメリカ連帯委員会
[PR]
by saiaala | 2015-08-21 23:16

望郷の鐘感想集

望郷の鐘 感想集 2

◆戦争は加害者、被害者の両者及び巻き添えをくう人全てを不幸にすることを改めて感じました。平和憲法を 守るべきと思います。とてもすばらしい映画でした。

◆今、きな臭い環境がせまってきているのが恐ろしくてなりません。映画の中で「だました者、だまされた者」と いわれましたが、だまされないように賢くならなければなりません。戦争は、一番弱い者が被害者になりま  す。一票をきちんと考えて投票する大人に皆がならなくてはなりません。これが何より大切なことなのです。
 マスコミは真実を知らせて下さい。

◆こんにちは。映画を観る前までは、母から聞いた戦争だけでしたので、家族がどのように生きてきたかなど 本当に知らずに来たことに、また健康に、食物も十分にあったこと、感謝しなければと改めて思いました。
 また、映画の上映会をぜひ若い人に観ていただく機会を設けられること、願うばかりです。戦争はしてはい  けないこと、知ってほしいと切に思います。今日は本当にありがとうございました。

◆母(現在102才)が、昔、お父さんが満州へ行こうと母に言ったそうですが、母は行くんだったら「あんた1人 で行って」と言って、行くのを止めたと話してくれたことを想い出しました。もし、父母が子どもを連れて行った ら今の私はいなかったと思います。戦争とは?子や孫達が戦場へ行くことがないように強く思いました。あり がとうございました。

◆私は終戦の時に中国のハルピンの近くに居住し、両親と兄、弟、私の5人家族でした。終戦後一ヶ月で兄、 弟は伝染病にかかり死去し、両親と私3人でリュック一つの持ち物で帰国しました。戦後一年間中国にい   て、兵隊屋敷の中で市民が約1000人で生活しておりました。そして帰国するのに1ヶ月を要しました。(8/1 出発、東京着8/30)この日時は今でも忘れることなく、よく記憶しております。あの当時の生活を思い出すこ とにより、中国の人たちも同じ人間なので皆親切にしてくれました。同じ屋根の下で生活したこともあります。
 私の父は埼玉県が移住地の埼玉村(浜江省華賀県)に教師として働いておりました。戦争の体験はなくても 戦後の生活は大変でした。

◆ありがとうございました。こうして知ること、知らされることが一層大切な時代になっていると思います。

◆友人に満州より引き上げた方がおり、満州の生活と引き揚げの様子をよく聞いておりました。満州を訪ねる 話もあり、今年計画されたら夫婦で行くことにしようと言っております。本日の映画は本当に良かったです。

◆引揚者(当時5才)の1人であった私に、全く違和感はありませんでした。その通りでした。中国人に悪い感情を抱いていない私たちがいることをよく伝えていて、すばらしいものでした。君が代を否定し、うさぎ追いし・ふるさとを歌った心は、全く同感です。人間の国に日本をしたいものです。

◆私の故郷も阿智の近くの伊那谷です。開拓団のことは実家で聞いたことがありました。
 日本の政治のお粗末さにはほんとにがっかりしますが、人の心の温かさ純粋さにはほんとにうれしく思います。良い記録映画をありがとうございました。ちなみに私の父もテニアンで戦死しました。

◆去年、明科駅近くの廃線ルートをハイキングした折、満蒙開拓団のことの碑があり何が書いてあるか(カメ   ラにも写してきました)読んでびっくりしました。当時その村の村長さんが上からの開拓団協力の判命令的  な要請を断って行かせなかった。このことをあとでこの地の医師が、決断の正しかったことを本当にその人  の目で確かめて顕彰した碑でした。当時相当な非難があったと思いますが、この勇気ある決断で村人を  救った方がいて、その上にこの碑を建てた村人たちがいるということ、本当に胸を打たれました。あとでカメ ラに写したのをプリントしてよく読み直します。残留孤児たちとならざるを得なかった人たちのことが今日の  映画でとてもよく分かりました。棄民ということ、だまされるなということ、本当に多くの人達に知らせたいで  す。
                                               続く
[PR]
by saiaala | 2015-03-15 16:01

政治マンガ

会員の方が、現在の政治状況を風刺した一コママンガを投稿してくれました。
紹介します。
b0141610_1814027.jpg


健さんが怒っています。
b0141610_18152419.jpg


b0141610_1816193.jpg

[PR]
by saiaala | 2014-12-12 18:21
沖縄県知事選(10/30告示、11/16投票)勝利へ募金のお願い
会員のみなさん 全国が注視する沖縄県知事選挙は10月30日告示、11月16日投開票で行われます。9月20日の埼玉AALA理事会は、沖縄県知事選挙に立候補する翁長雄志(おなが・たけし)氏の必勝のため「知事選挙必勝カンパ」を会員のみなさんに訴えることにしました。
 
新基地建設の断念を!

 前回知事選挙で「県外移設」を公約した仲井眞氏は2013年12月、辺野古・大浦湾の埋め立て申請を許可。新基地建設推進の姿勢を示し、県民総意を裏切りました。 今回の知事選挙で、「オール沖縄」「島ぐるみ」を代表する勢力が、裏切った勢力に審判を下すことで、辺野古の新基地建設を断念させ、基地に頼らない、新しい沖縄の展望を切り開くことができます。
 アメリカと安倍政権は沖縄県民の意思を一顧だにすることなく新基地建設のため強権的に工事を強行しています。知事選挙での翁長候補の当選は沖縄だけでなく日本の針路にも重大な影響を与えるものとなるでしょう。  会員の皆様、募金の趣旨をご理解の上、ご協力をお願いいたします。
[PR]
by saiaala | 2014-10-10 13:30
「ナヌムの家」のハルモニを迎えて
日本軍「慰安婦」問題を考えるつどい

(2013.9.22-29東京・京都)

 2013年9月、新日本婦人の会、「慰安婦」問題とジェンダー平等ゼミナール、日本民主青年同盟、日本アジア・アフリカ・ラテンアメリカ連帯委員会の主催による「つどい」が開かれ、「ナヌムの家」のハルモニ3人による東京・京都での証言集会と交流が行われました。

 この度、その全記録集が刊行されました。
※DVD ナヌムの家のハルモニ いのちの証言
    46分 日本語字幕入り 定価3241円(消費税、送料別)
問合せ ピース・クリエイト TEL03-3699-4883 FAX03-3699-4407
※報告集(B5版 56頁) 日本軍「慰安婦」問題の早期解決を
                 ナヌムの家のハルモニを迎えて
※パンフレット(A5版 32頁) 「ナヌムの家」のハルモニを迎えて

◆DVDのお求めは、ピース・クリエイトへ。報告集、パンフレットは埼玉AALA事務所へTEL048-832-9565
[PR]
by saiaala | 2014-08-07 17:30
 9月23日、24日に二つの集会が東京で行われました。
23日、 ハルモニから若い世代へ―日本軍「慰安婦」問題を考えるつどい
24日、 政府に今こそ日本軍「慰安婦」問題の解決を―ナヌムの家のハルモニを迎えての院内集会

 この集会は、韓国の元日本軍「慰安婦」とされた被害者のハルモニが暮らす「ナヌムの家」から、今年9月の日本訪問計画のお知らせと受け入れの要請があり、日本AALAなど4団体によって実現したものです。
 今回の来日は、平均年齢88歳と高齢になったハルモニたちの「今年の海外証言会としては最後になるかもしれない、今のうちに日本に」との願いから企画されたもので、これらの集会に参加された方から感想をいただきましたので、紹介します。

事実を広げていかなければ…。

 9月23日(月)日本青年館で「ハルモニから若い世代へ―日本軍『慰安婦』問題を考えるつどい」が開かれ、埼玉から6人の青年が参加しました。ハルモニの話とともに、ミニ学習会として元参議院議員の吉川春子さんが話をしてくれました。つどいが終わったあと参加した4人で感想交流をしました。「吉川さんのドイツの話で『今もアウシュビッツで看守をやっていた人を裁こうと探している』と聞いて、日本と歴史の向き合い方がちがうなと強く思った」「ユダヤ人強制収容所の中にも売春所があったと知って女性の人権がずっと踏みにじられてきたのだと深く痛感した」などの感想がでました。
 ハルモニの方々の残された時間はとても短いです。生きている間に日本政府を謝らせたい。教科書から「慰安婦」の記述が消え、知らない青年も増えています。事実を広げていかなければと思いました。

真実を国民に知らせるべき
~「慰安婦」問題とサハリン残留韓人問題~

去る9月24日に、参議院議員会館内で開かれた「ナヌムの家ハルモ二を迎えての院内集会」の折、主催者側の司会の方から発表されたニュースは衝撃的でした。内戦中のシリアに、チュニジアの少女たちが連れてこられ、アサド政権と戦う反体制派のメンバーと性的関係を持たされている、というのです。「ジハード(聖戦)のために夫以外の複数の男性と性的関係を持つことは、イスラムの教えにかなうことだ」というのがその言い分です。
 「慰安婦」問題の解決のため、韓国のハルモにたちと共に長年にわたって取り組んできた者からすれば、そのすべての努力を踏みにじられるような、我慢ならない出来事です。司会の方は涙ぐんでいらっしゃいましたが、悔し涙であったろうと思います。
 日本が、この問題について正面から謝罪しないこと、何とかうやむやにごまかそうとしている態度が、「慰安婦」というおぞましい制度を世界に広げることになっているのではないでしょうか。「どの国だってやっていたことだ」と発言した橋下徹氏の顔が浮かびました。
 日本は「慰安婦」問題のすべてを認め、心から謝罪し、世界に対して洗いざらい発表し、後の時代の人々にこのことを伝えていくべきです。そうすることが世界中からこのようなことが二度とできなくする道だと思います。
 私たちはまた「平和の旅」でサハリン(樺太)に行き、樺太が日本であった戦時中に、「日本人」であった朝鮮半島の人々を5万人も樺太に強制連行し、ひどい働かせ方をした上に、戦争に負けたら日本人だけが内地に引き上げ、半島からの人々は「お前たちは第三国人だから連れて行けない」と、無国籍にしたまま置き去りにした、という事実を知りました。私が何より驚いたのは現代の日本人でこのことを知っている人がほとんどいないということです。
 「慰安婦」の問題といい、サハリン残留韓人のの問題といい、都合の悪いことには口をつぐみ、いっさい国民の目から隠そうとする日本政府。「秘密保護法」がなくてさえこうなのですから「秘密保護法」ができたらたちまち暗黒の時代になることは目に見えています。絶対に通してはなりません。
[PR]
by saiaala | 2013-11-01 23:05
日本AALAは、以下の声明を、8月29日に、アメリカ大統領、フランス大統領、英国首相、安倍首相、シリア大統領に送りました。

シリアに対する軍事介入に反対し、民族自決権を尊重し、政治的・外交的な解決を求める声明

 シリアの情勢が緊迫する中で、米英仏などによるシリアに対する軍事攻撃が強行されようとしています。この問題について、日本AALAは、次のように考えます。

1.国連の調査団は、26日に化学兵器使用の疑惑に関する現場検証作業を開始したばかりで、調査結果が発表されていません。

2.国連安保理決議がない中での軍事介入は、国際法に違反します。

3.日本AALAは、いかなる化学兵器の使用にも反対です。

4.化学化学兵器禁止条約は(1997年)は、化学兵器の使用を理由とした攻撃を許していません。

5.他国による軍事介入は、シリア国および近隣諸国により多くの犠牲と混乱を拡大するだけです。

6.問題の根本的な解決には、シリアの民族自決権を尊重し、政治的・外交的な手段による解決に、最大限に努力することが重要です。

各国は、このことを踏まえて、対応することを強く求めます。

2013年8月29日 日本アジア・アフリカ・ラテンアメリカ連帯委員会
[PR]
by saiaala | 2013-09-03 12:14
日本アジア・アフリカ・ラテンアメリカ連帯委員会は、下記の声明をアメリカ大使館、安倍首相に送りました。転載します。

米軍ヘリ墜落事故糾弾!日米安保条約を廃棄し、平和で安心してくらせる日本を取り戻す声明

 沖縄県民や日本国民の反対を押し切り、オスプレイの普天間基地追加配備が強行されている最中、キャンプ・ハンセン内に米軍のヘリが墜落し炎上した。この場所は、住宅や保育所、小学校などがある住宅地からわずか2キロしか離れてなく、基地がある限り恐怖が続くことと共に、米軍の危険性と理不尽さを浮き彫りにした。この根底には、世界的にも類をみない従属的な日米安保条約がある。
 私たちは度重なる米軍機の墜落事故を糾弾するとともに、在日米軍基地を全面撤去させ、基地のない平和で安心してくらせる日本をめざし、次のことを、日米両政府に強く要求し、断固として闘うことを表明する。
1.事故の経過と原因を全面的に明らかにする。
2.普天間基地の即時閉鎖、無条件撤去。新基地建設反対。
3.オスプレイの配備撤回とあらゆる米軍機の低空飛行訓練停止
4. 日米安保条約の廃棄。

     2013年8月7日 
日本アジア・アフリカ・ラテンアメリカ連帯委員会(日本AALA)
[PR]
by saiaala | 2013-08-08 13:51