past present future


by saiaala
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2010年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

埼玉合唱団の歌声、アルゼンチン民謡[花祭り]で学習会は始まりました。
学習会の講演は、埼玉AALA常任理事の河内さん。
「バンドン精神の誕生とその後、そしてそれを受け継ぐ私たち」と題するお話は、「バンドン精神」「非同盟運動」そしてそれを継承する日本AALAの役割を理解する重要な学習会になりました。
b0141610_16471471.jpg
b0141610_16495226.jpg


■バンドン会議の成り立ち、初めて知りました。知らないことばかりですが、AALAの会員になれたこと、このような機会を得て学んで自分を強くしていきたいと痛感しました。歴史は、たくさんの人々の熱い思いで変えていくことができるんですネ。(s)

■沖縄の基地問題でどうしても「日米安保」の問題に突き当たります。住民の思いより米国の確認を優先させる外交に全くあきれていました。だから、日米安保を見直し、基地返還(閉鎖)するための「非同盟」について学びたいと思っていました。
「日本AALA」が、バンドン精神の継承をする非政府組織として誕生、発展してきたことを初めて知り、大切な運動であることを再確認しました。(w)

■先月誘われて加入しました。今日の学習会で「バンドン精神」「非同盟諸国会議」「コナクリ宣言」の中身を勉強できて目が洗われる気持ちでした。昨今のラテンアメリカを始めとした新興国といわれる国の発展を見ると、いままでの大国、米国や西欧を中心とした考え方を変えなくてはいけないと思っていたのに合っていた学習会でした。これからも学習会や視察など参加して、回りに広められるようにしたいと思います。(y)
[PR]
by saiaala | 2010-04-25 16:35
4月14日、東京日比谷野外音楽堂で「沖縄県民と連帯し、普天間基地の即時・無条件撤去を求める4.14中央集会」が開かれ、北は北海道から南は沖縄まで5000人をこえる参加者の大集会となりました。
沖縄代表団16人の県民ぐるみのたたかい、徳之島9条女性の会の「長寿と子宝の島、徳之島に、そして日本のどこにも米軍基地はいらない」「普天の基地問題は『移転先』探しではなく、即時・無条件撤去しかない」と移設を許さない決意に、大きな連隊の拍手とかけ声が響きました。岩国と横田での米軍基地反対のたたかいの報告もありました。集会終了後埼玉AALAの旗を掲げ、国会請願デモも行いました。
沖縄代表団の訴え
b0141610_23355478.jpg

徳之島9条女性の会の方の訴え
b0141610_23372055.jpg

横田米軍基地反対の訴え
b0141610_2338560.jpg

「普天間基地を撤去しろ!」「移転先探しをやめろ!」のシュプレヒコール
b0141610_23394817.jpg

埼玉AALAの旗の下に国会請願デモ
b0141610_23471958.jpg

[PR]
by saiaala | 2010-04-15 23:14
 4月号は、4/24の[バンドン会議55周年記念埼玉AALA学習会]のご案内や4月14日に行われる[沖縄県民と連帯し、普天間基地の即時・無条件撤去を求める4.14中央集会]参加の呼びかけなど、盛りだくさんの内容になっています。
  3面の記事に追加訂正をします。
記事は、次の通りです。
 日本軍『慰安婦』問題の立法解決を求める緊急120万人署名
首相と衆参議長宛請願を婦団連で取り組んでいます。ネット署名は下記の全国実行委員会ホームページからできます。
下記ホームページのアドレス記載がありませんでした。
 ホームページアドレスは
http://www.jca.org/ianfu_ketsugi/120.html です。

「2010年5月18日施行期日を迎える『国民投票法』の行方」の記事もぜひ読んでほしい内容です。

Moreつづきはこちら
[PR]
by saiaala | 2010-04-06 17:03
土井敏邦さんからメールをいただきました。ぜひみたいドキュメントなので、ご紹介します。

土井敏邦です。
 2007年2月から取材・撮影を開始した映画「“私”を生きる」がやっと完成しました。
 ドキュメンタリー4部作「届かぬ声ーパレスチナ・占領と生きる人びと」(「沈黙を破る」DVDは3月発売、他の3部は5月にDVD発売予定)と同時平行して制作してきたため、3年を要してしまいました。
 国内の異様な右傾化に、ジャーナリストの1人として何かをしなければという思いで続けてきた仕事です。
 舞台は教育現場ですが、大きな社会の流れに個人が抗って生きる、その凛とした“生き様”は、教育現場を超えて人びとの心に届くはずだと信じ、なんとかして伝えたいという思いに突き動かされて制作しました。
 5月にDVD化の予定です。また劇場上映の道も模索しています。




     

More 続きはこちら
[PR]
by saiaala | 2010-04-03 01:06