past present future


by saiaala
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2013年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

12月27日、沖縄県知事仲井眞弘多氏は、安倍政権が申請していた名護市辺野古に新基地を建設する公有水面の埋め立て申請を承認しました。沖縄県民に対する裏切り行為に対し、埼玉AALAは、直ちに抗議することを会員に呼びかけました。
 
① 会員 河内研一氏の抗議

さようなら、仲井真さん 
賞味期限切れを自ら宣言された貴方へ

正直なところ、貴方がいつ、どんな形で「降りて」いくことになるのかと私はずっと気になっていました。心ならずもあげた拳なのに、それを降ろさせてはくれない圧倒的なオール沖縄の声を前に、ひとり揺れ動く貴方の姿にはそれなりの人間味を感じていたからです。

 しかし、転ぶにしても転びようというものがあるのではないですか?思いを寄せるアメリカに「失望」と公言され、世界から浮き上がって暴走中の安倍首相からの懐柔と恫喝に、屁理屈にもならぬ「論理」をもって、「公約違反ではない」と嬉々として屈服する姿は痛ましくさえありました。『朝日新聞』は書きます。「沖縄の歴代の知事たちが、重大な決断の場面で見せた“苦渋の表情”とは無縁だった」と。貴方はその言葉と態度で、沖縄の政治家としての賞味期限切れを自ら白日の下に晒したのです。貴方のその居直りは、「基地のない沖縄」を願う沖縄県民のみならず、沖縄に思いを寄せる多くのヤマトンチュウの闘志に更なる怒りの火を付けてくれました。

 1月の名護の市長選が楽しみです。名護市民やウチナンチュウだけではありません。全国のヤマトンチュウも注目し、物心両面の支援を惜しまず闘います。稲嶺市長再選の暁には、秋までの任期を待たず、今度こそは潔い態度で貴方の政治家人生を閉じて下さい。辺野古の自然と平和を守ることに貢献できるそれが貴方のラストチャンスです。

2013年12月28日
               沖縄に想いを寄せる一市民
                     河 内 研 一
                  (栃木県足利市在住)

沖縄県知事
仲 井 真 弘 多 様

More
[PR]
by saiaala | 2013-12-28 18:58 | 声明
 特待秘密保護法が12月6日深夜の参議院本会議で、自民・公明の賛成で可決成立した。安倍政権の数の力による暴挙である。埼玉AALAは、これを強行した安倍首相、自民党総裁としての安倍晋三、自民党とともに暴走した公明党山口那津男に対して以下の抗議文を送付した。

満身の怒りをもって抗議するとともに特定秘密保護法の撤廃を要求する

 特定秘密保護法案が、10月25日の臨時国会に提出されて以来、連日連夜の政府与党による暴走によって、強行採決で「成立」した。
 国民の過半数が法案に反対し、慎重審議を求める世論が多数の中で、衆議院・参議院で強行採決を繰り返した安倍政権と自民・公明両党には、民主主義を語る資格はない。

 この法律は、為政者の身勝手な権力行使と情報隠蔽を容易にし、民主主義を破壊するものだ。審議・検討も不十分なまま、この法律を成立させた安倍政権・自民・公明両党は政治を担う資格を失った。

 歴史は、情報を統制し、言論を弾圧したドイツの「全権委任法」や日本の「国家総動員法」「治安維持法」がどんな結果をもたらしたかを証明している。私たちはそのことを忘れない。

 埼玉アジア・アフリカ・ラテンアメリカ連帯委員会は、この法律を突破口に、憲法の明文改憲を狙い、集団的自衛権の行使容認や国防軍創設を企てようとする安倍政権と自民・公明両党の暴挙に満身の怒りをもって抗議するとともに安倍政権の退場と特定秘密保護法の撤廃を要求する。

2013年12月9日
埼玉アジア・アフリカ・ラテンアメリカ連帯委員会
[PR]
by saiaala | 2013-12-09 10:00 | 声明

秘密保護法を廃案に

安倍政権の暴挙糾弾、直ちに退陣を

 法案概要が示されてから3ヵ月足らず、国会提出からもわずか1ヶ月という短期間にもかかわらず、「特例秘密保護法案」の危険な本質、すなわち基本的人権、国民主権、平和主義という日本国憲法の基本原理を根底から覆す、その希代の悪法振りは国民の前に一挙に暴かれるに至った。国民の知る権利を奪い、国民を恫喝し、後世の歴史そのものを抹殺しようとする、治安維持法の亡霊たる本法案を私たちは断固として拒否する。
 澎湃として起こる国民各層の批判と反対の声の前に、動揺した安倍政権は民主的手続きを放棄し、全員が反対という異例の地方公聴会の声には耳を塞ぎ、その翌日の強行採決という暴挙に打って出た。民主主義ならびに議会の基本的ルールを真っ向から否定する安倍政権を私たちは断固として糾弾する。
 ここにおいて私たちは安倍晋三氏の政権からの退場を断固として要求するものである。
2013年11月27日
埼玉アジア・アフリカ・ラテンアメリカ連帯委員会
[PR]
by saiaala | 2013-12-02 13:46 | 声明